5月16日(水)

R0013681.jpg

WATER WATER CAMELの4thアルバム
『おんなのこがわらう時』が
本日発売されました。

おめでとうございます。

「海沿いの家」と、「シベリア」という曲で
森ゆにもピアノ、コーラスとして参加させていただきました。

ありがとうございます。

「海沿いの家」はバンド、ボーカル含めてほぼ一発録りで、
あのときのスタジオ内の緊張感と、
曲が進むにつれて沸き上がってくる全員の静かな高揚感や幸福感は、
こうしてパッケージ化されたあとも、とても有機的に感じることができます。
やさしい中にどこかざらっとしている音の不完全さと、
アルバムの枚数を重ねるごとにますます「生活」に焦点を当てていく
斎藤キャメル君の詞の世界は、
バンド結成から17年のいろいろを経てここへたどり着いた
今の彼らにとって、きっとしっくり来ているのだろうなと思います。
またこれからどこへ行くのかも ひきつづき楽しみに見守りたいと思います。


長きに渡って丁寧に彼らが増やしてきたファンは
なんだかファンというより、みんな親戚みたいな気持ちでこのバンドを見守っていて、
今回のアルバムもよく考えたらピアノだけで3人もゲストいるし…とか思うと
こういう人づかいの荒さは、本当に愛されている者の特権だなあと、
苦笑いしつつも参加できたことをとても幸せにかんじています。
(ピアノの表情がまた森ゆにとコトリンゴさんと田中佑司くんと、
3人3様なところもおもしろいので聴いていただきたいです)

WATER WATER CAMELの新譜に参加しました

R0013681.jpg


2012年5月16日にリリ-スされた
WATER WATER CAMELの4thアルバム『おんなのこがわらう時』の、
「海沿いの家」でピアノ、
「シベリア」でコーラスとしてそれぞれ参加しました。


『おんなのこがわらう時』
01 想像をこえる日
02 くびなし 
03 summer ballad
04 夜空のうた
05 ameotoko
06 海沿いの家 
07 裸の王様の丘
08 大いなる茶番
09 シベリア
10 僕のからだは風になって
11 おんなのこがわらう時

GUESTS
権藤知彦 (pupa,anonymass), コトリンゴ, 森ゆに,
PoPoyans, 良原リエ, 田中佑司, 亀井孝太郎 & 鈴木庸介


5月4日(金)

サンテンイチイチ という言いかたが嫌だ


言葉がちょっとこわいと思うようになっている。
いろんな言葉が飛び交って(それまでもそうだった筈なんだけど)
ひとつのことを言うにもいろんな言い方があったり
この人ってこういうことを言うのかと思ったり
逆に自分の発した言葉のことを思い返したり
それを追いかけているときつい。


言葉を発するのも聞くのも、かんたんでむずかしい。
言えばいいというものではない。
でも 無責任になにかを言っていたい。



5/1~2
山梨で、ゆーきゃんの新譜レコーディングでした
R0013674.jpg


今回のメンバーは
ゆーきゃん、田代貴之(ベース)、妹尾立樹(ドラム)、森ゆに(ピアノ、コーラス)
田辺玄(ギター、エンジニア)

かなりゆるい準備で臨んだレコーディングは
いろいろと小さい奇跡の連続でした。

ゆーきゃんの詞には「花」がよく出てくる。
たんぽぽとか朝顔とか、いろいろあるのだけど
特定されない花のときは私はいつも「はこべ」を思い浮かべている。
白いシャツをよく着ていて、小さい声で歌うゆーきゃんのイメージは
いつもそういう小さい野の花みたいだと思う。


ゆーきゃんの発する小さな言葉に耳を澄ませてみる。
そうすることのできる作品にかならず仕上がると思います。

  ↑ PAGE TOP

FC2Ad