スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月7日(木)

土地の空気を感じる音楽がある。

今年の2月に、ゆーきゃんバンドのツアーで
雪国まっさかりの青森に行った。
風雪が強いと、昼間でも人はほとんど外に出ていなくて
ひっそりとしている。
気温が低いからそうなるのか、
北国の雪は積もっても本当にさらさらで
歩いてもあまり音がしないからさらにひっそりしている。
初めて訪れた初夏の日も、空気がさらっとしていて
異国に来たようだった。
そんな青森の唄うたい、鳴海徹朗くんの歌やギターからは
ストイックで、しんとした空気をいつも感じる。

対して、香川県のtonari session's。
四国によく行くようになるまでよく知らなかったのだけど
このあたりはほんとうに温暖で、
高知には「南国」という地名もあったり、ヤシが生えていたりする。
香川県内に入ると、なぜだか漫画のようなぽっこりした山がいくつもあって
かわいらしい、のほほんとした所だといつも思う。
このところ、発売されたばかりのtonari session’sの新譜を
車でずっと聴いていると感じる、
ミヤタケくんの声の丸みやあたたかみ、
温暖なリズム感。

鳴海くんは東北から出たことが無い。
tonari session'sも、「香川在住のメンバー」ということに
こだわっているようだ。

「土地が生んだ音楽」を聴きながら
お邪魔したあの場所たち、あの空気感たちを思い出している。

tonari session'sと明後日埼玉でご一緒。リリースをお祝いします。


9月12日(木)

山梨県北杜市白州で農業をいとなむ友人、
「そらくも農場」の夫婦から、野菜を買う。
色が濃くて、味が濃くて
大葉なんて手のひらみたいに大きい。

小さな経営で、でも丹精こめて
おいしくて安全で立派なものを作る彼らのような人たちが
本当に報われる世の中であってほしい。

9月9日(月)

秋の風が本当に気持ちよい。

夏の終わりは、
香川と、高知にお邪魔していました。
風博士との四国めぐり。
いつもフライヤー作りから丁寧に
イベントを作ってくださる、香川の西原夫妻。
運営未経験ながら準備をがんばってくれた高知の
カジロック実行委員会。
今年は残念ながら台風の影響で中止になってしまったけれど、
また次回を楽しみに。
その代わりに2daysをすぐに企画してくれた
terzo tempoの佐野夫妻。
一緒に演奏して、そして山口県の住まいにもお邪魔させてくれた風博士。
そして来てくださったみなさん。
ありがとうございました。
最高の夏休みでした。

山もあって海もあっておだやかな
四国、瀬戸内の暮らし。
本当に素敵でした。

7月25日(木)

山梨での暮らしに、少しずつ馴染んできている気がする。
引っ越してきたばかりのときは、まだ遊びに来ている延長としか思えなくて
よくわからない気持ちだったけれど
用事で別の場所に数日滞在していると、
ふと山梨に帰りたくなっている自分がいたり
東京方面から中央本線の鈍行にのって
徐々にトンネルが増え、山の景色になってくると
ふと安心したりしている。

6月12日(水)

御礼が遅くなりましたが
6/8(土)の森ゆにワンマンライブ
『初夏の再会』にお越し下さったみなさん、
ほんとうにありがとうございました。
当日はまさに初夏の陽気になり
昼間の穏やかな時間に
自分の気に入った場所で演奏でき、
とても幸せな時間でした。

4月の西日本ツアーから「再会」をテーマにしてきましたが
今回初めてお会いしたかたも、
これからまたお目にかかれることを楽しみにしていますし
また、みなさんにとっても
この場を共有した誰か、
それからこの場所そのものとの再会が
またきっとありますように。

7月は代官山の晴れたら空に豆まいて にて
haruka nakamuraさん、西森千明さん、森ゆにで
完全生音での演奏会『Candle Night-穏やかな夏の夜』が開催されます。
初めてお会いするharuka nakamuraさん
そして、以前からとても親しくさせてもらっている京都の西森千明さんは
久しぶりに東京で見られますよ〜

ぜひよろしくお願いいたします。
詳細は「live」にて。

  ↑ PAGE TOP

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。